777タウンの「北斗の拳」をプレイした感想

hokuto懐かしの4号機。

2003年に導入されたサミーの「北斗の拳」です。

販売台数が62万台ということで、
この記録は今でも破られていないのだとか。

バトルボーナスの曲は今聞いてもアツくなりますね!

777タウンで実際に打った感想がこちら。

 

 

 

懐かしすぎるよ、初代の北斗の拳!

初代北斗の拳

実際のプレイ画面がこちら。

スマホのアプリと違って、画面が大きくて迫力があります。

777タウンで遊ぶときは、
さらに液晶画面を拡大できるので迫力が増しますよ!

 

打った感想としては、ただただ懐かしい。

実機が、ほぼ完ぺきに再現されているので、
4号機時代の頃の記憶が色々と蘇えりました。

あのホールに鳴り響いていたバトルボーナスの曲もそのままです。

 

何時しか愛着が湧くようになった雑魚たちや、
テンションの上がる「リンの復活演出」がまた見れるのは嬉しい。

リンの復活演出

 

 

ちょっと気になったところ

ほぼ完ぺきに再現されてますが、
ひとつだけ実機と異なる箇所があります。

それは、ケンシロウの声が違うところ。

 

ケンシロウの声優と言えば神谷明さんですが、
どうも実機とは違って聞こえるんですよ。

最初聞いたときは「えっ、誰?」ってなりました(笑)

 

そこが個人的には残念な部分ですが、
もしかすると大人の事情があるのかもしれませんね。

 

 

これは高評価!オリジナル要素の「極」が面白い

777タウンには「極(きわみ)」というオリジナル要素があります。

指定された条件を達成するごとに「%」が増えていき、
100種類全ての条件を達成して「100%」を目指すという遊び。

 

達成率が100%になれば、
その機種は常に「最高設定」で遊べるようになります。

 

基本的には簡単な条件のものばかりですが、
なかなか出ないプレミア演出が設定されていることもあります。

北斗の拳だと、設定されている条件はこんな感じ。

北斗の拳の極システムについて

このような条件が100種類設定されています。
上記だと「バットがエイリやんを落とす」は出にくい演出になります。

 

 

まとめ

ケンシロウの声が実機と違うところが気になりましたが、
それ以外は楽しく遊ぶことができました。

現在30歳以上の方でしょうか、
当時、ホールで打っていた方であれば
間違いなく私と同じように興奮されると思います。

777タウンはこちらからプレイできます

コメントは受け付けていません。